禁断のWALKMAN® Hi-Res Symphonic Illusion / ソニーマーケティング

2014年12月4日

会場に並んだボックスにはハイレゾ音源に対応したウォークマンが設置され、中を覗くと数本の水が流れ続けている。そこにスマホをかざし、動画撮影をすると、音楽に合わせて画面の中で流れ落ちる水が逆流したり、水の玉が静止して見える。これはスマホの動画が30フレームレートで撮影されていることを利用している。ボックスに内蔵されたスピーカーからは音楽に連動した30ヘルツの低周波を発信。それを受けた水流をスマホで撮影すると、周波数が同期して水が止まって見える。また周波数を下げると、逆流したように見えるのだ。この現象を知った電通 鈴木雄飛さんは「今年は“禁断”というコンセプトを大切にしながら、前回の音の可視化からさらに人の心が動くものにしたい」と考えた。BIRDMANのスタッフが装置とシステムを制作し、実験を繰り返して実現。「“音の世界のすごさを自分が発見してしまった!”という驚きをつくるためにも、子供のころ虫眼鏡を覗いて見つけた世界に驚いたように、スマホを覗き込むことで音の世界を発見できるデジタル×アナログな感覚を大切にしました」(鈴木さん)。

企画制作:電通+フロンテッジ+BIRDMAN+電通テック
CD+PR:富山成貴
CD+企画:鈴木雄飛
企画+C:本多忠房
C:中澤岳央
AD:尾幡晋保
ディレクター:築地Roy良
テクニカルディレクター+デバイスエンジニア:コバヤシタケル
PRG+デバイスエンジニア:梶原洋平
デバイスアシスタント:白井大地、齋藤匠
イルミネーション演出:村田優也
プロジェクトマネージャー:横川遥
音楽:中岡将二郎
広報:岡本能昌、菊地七絵
映像:松田健、蔵原健之、広浦直人

http://mag.sendenkaigi.com/brain/201502/future-communication/004288.php

タグ: , , , ,

Leave a Comment